【GoogleDrive】データを共有する方法

2 min

GoogleDriveでデータを共有する場合は、『送る側』『受け取る側』がそれぞれ自分のGmailアドレスが必要です。

GoogleDriveは無料で、最大15GBまで使用することが可能なクラウドサービスです。

今回は、GoogleDriveを使って、データを共有する方法について解説していきます。

GoogleDriveは、iPhone、Windows、Mac、Androidで使用することが可能です。

やり方(Windows、Mac)

1.GoogleDriveを開く

下のボタンからGoogleDriveを開いてください。

開けたら、ログインします。

右上の「ドライブを使う」をクリックしてください。

2.左上「新規」をクリック

共有したいデータを一度自分のGoogleDrive上に保存します。

「新規」からGoogleDrive上に共有したいデータを追加(保存)します。

3.「ファイルのアップロード」をクリック

※フォルダごとアップロードする場合は、「フォルダのアップロード」をクリックしてください。

4.アップロードする音源を選択

左クリックをホールドしたまま選択すると、一度にたくさんのファイルを選択することが可能です。

5.アップロードされるまで待つ

アップロードされたら、次は共有作業に入ります。

共有と言っても、難しいものではないので、誰でも簡単に共有することができます。

6.「共有」をクリック

共有したいデータを右クリックして、共有をクリックします。

そして、赤枠のところに、送りたい相手のGmialアドレスを打ち込んで、「完了」をクリックします。

これで終了です。

相手のGmailボックスに通知が届き、GoogleDriveからデータをダウンロードしたり、開いたりすることができます。

やり方(iPhone、Android)

まずは、GoogleDriveアプリを開いてください。

お持ちでない方は下のボタンから、インストールをしてください。

1.データのアップロード

共有したいデータを一度自分のGoogleDrive上に追加(保存)します。

左から順番に、「左下のプラスをタップ」「アップロードをタップ」「参照をタップ」「データを選択」

これで、データの保存(アップロード)は完了です。

次は、データの共有方法です。

2.データの共有

まず、共有したいデータの右上にある「・・・」をタップし、「共有をタップ」「ユーザーまたはグループを追加のところに相手のGmailアドレスを入れる」「送信マークをタップ」という手順です。

※メールアドレスをいれるときは、打ち込んだあと、「改行」をタップしないと入れ込まれません。

※メッセージを追加することで、相手に伝えたいことを入力することができます。


以上が、GoogleDriveを使ったデータの共有方法でした。

以上アーロンカンパニーでした。

じゃあな!

Aaron

Aaron

男子高校生ブロガー(16歳)

2020年1月からブログを開始

最高31,686PV/日
収入はAdsenseで5桁
企業案件経験も有り。
詳しくはtwitterをご覧ください。
-----------------
大学受験に多額の費用が掛かることを知り、ブログを始める。

今は趣味としてやっています!

高校生ブロガーだからこそ投稿できる記事を書いてます。

〈投稿〉
・ガジェット系
・アプリ系
・ブログ系
・高校生系
を投稿しています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です