AaronCompany

パソコンでインストールした音源(データ)を簡単にiPhoneに取り込む方法

3 min

今回の内容

  • パソコンからiPhoneに音源データを簡単に取り込む方法
  • ケーブルなしで可能
  • iCloudを使うか、GoogleDriveを使おう
  • Windows/Macで可能

はい。というわけで今回はパソコンからiPhoneに簡単にデータを送る方法というテーマでお話ししていきたいと思います。

音源だけではなく、写真や動画の取り込みも可能です。

データを取り込む方法

今回は「ケーブルなしで」「簡単に」できる取り込み方法をご紹介します。

※クラウドでの転送になりますので、インターネット環境が必要になります。

方法は2通り
  • iCloud経由での取り込み
  • GoogleDrive経由での取り込み

当ブログでは、iCloud経由よりも、GoogleDrive経由でのデータ共有をオススメしています。

理由としては、GoogleDriveの方が圧倒的に早いからです。

iCloud経由での取り込み方

Windowsを使っている方もAppleIDを持っていれば(iPhoneを使っていれば誰でもAppleID持ってます)iCloudを使うことが可能です。

※iCloudでは、5GBまでのデータベースとなります。

※Windowsの方はパソコンにiTunesをインストールしていれば、ファイルの中にiCloudフォルダが作成されています。

方法1

Windows やり方1
※iTunesをインストールしていない方

1. パソコンでChromeを開く

Chrome以外のブラウザ(firefoxやInternet Explorerでも可能です。)

2. 「iCloud」と検索し、ログイン

検索できたら、次はログインをしましょう。

Apple IDとパスワードが必要です。

Apple IDは、icloud.comで終わるメールアドレス

パスワードはApple IDのパスワード

3. 「iCloudDrive」をクリック


4. ダウンロードした音源ファイルを開く

iPhoneに移したい音源(データ)ファイルを開きます。

今回は、この4つのmp3音源をiPhoneに取り込みたいと思います。

5. データをiCloudDriveにドラッグアンドドロップ

取り込みたい音源(データ)をすべてiCloudDriveにドラッグアンドドロップして、転送してください。

6. iPhoneでファイルを開く

これで終了です。

方法2

Windows やり方2
※iTunesをインストールしている方

1. ファイル(エクスププローラー)を開く

2. iCloudDriveをクリック

こちらがiCloudのデータベースになります。

ない!という方はiTunesがパソコンにインストールされていない可能性があるので、iTunesをインストールするか、やり方1を参照してください。

iTunesのインストールはこちら

3. ダウンロードした音源ファイルを開く

今回は、この4つのmp3音源をiPhoneに転送します。

4. データをiCloudDriveにドラッグアンドドロップ

5. iPhoneでファイルを開く

こんな感じで簡単にデータをiPhoneに取り込むことができます。

GoogleDrive経由での取り込み方

方法の3つ目として、GoogleDriveを使った音源(データ)の共有方法についてお話します。

※無料プランでは15GBまでのデータベースとなります。

1. ChromeでGoogleDriveと検索

2. 「ドライブを使う」をクロック

Chromeをログインしてお使いの場合は、自動的にログインされます。

ログインしていない(ゲストとして利用している方)はログインする必要があります。
※Googleアカウントでログインします。

3. 左上「新規」をクリック

4. 「ファイルのアップロード」をクリック

※フォルダごとアップロードする場合は、「フォルダのアップロード」をクリックしてください。

5. アップロードする音源を選択

左クリックをホールドしたまま選択すると、一度にたくさんのファイルを選択することが可能です。

6. アップロードされるまで待つ

7. iPhoneでGoogleDriveアプリを開く

GoogleDriveアプリをインストールしていない方はこちらからインストールをお願いします。

AppStoreより、「GoogleDrive」と検索すると出てきます。

GoogleDriveより、音源データを確認することができます。

今回は、iCloudDrive、GoogleDriveのクラウド保存をご紹介しましたが、他にも、DropboxやOnedriveなど、様々なクラウドがあります。

お困りの方(Q&A)

Q

iCloudにデータをアップロードできません。

A

iCloudにデータをアップロードできない際に考えられることは、容量不足か、インターネット通信が不安定な場合です。無料プランでは、5GBが上限なので、一度いCloudの容量をご確認ください。確認方法はこちらを御覧ください。

Q

iPhoneにデータがありません。

A

データが共有できていない場合は、まだアップロード中か、インターネット接続が低速の可能性が考えられます。Wi-Fiに接続してみてください。

以上アーロンカンパニーのアーロンでした。

もしお困りの方がいれば、お問い合わせか、この記事下のコメントからお尋ね下さい。

Aaron

Aaron

男子高校生ブロガー(16歳)

2020年1月からブログを開始

最高31,686PV/日
収入はAdsenseで5桁
企業案件経験も有り。
詳しくはtwitterをご覧ください。
-----------------
大学受験に多額の費用が掛かることを知り、ブログを始める。

今は趣味としてやっています!

高校生ブロガーだからこそ投稿できる記事を書いてます。

〈投稿〉
・ガジェット系
・アプリ系
・ブログ系
・高校生系
を投稿しています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です