AaronCompany

YouTube、ブログをするにあたって絶対に間違えてはいけないこと

2 min

今回の投稿は主にYouTubeやブログで稼ぎたいと思っている方向けの投稿です。

初めに

 今日からブログをはじめてみよう。YouTubeを始めてみようと思っている方が結構いるのではないでしょうか?

僕も2か月ほど前にそう思い、ブログとYouTubeを始めました。

しかし、僕は始めた当初大きな間違えた考えを持っていました。

それは、

大きな間違い

お金稼ぎにだけ目が行っていること


 おそらくこれからYouTube、ブログをはじめようと思っている人のうち、90%ぐらいの人はこのように「お金を稼ごう」と考えていると思います。

アーロン君
アーロン君

俺はお金が欲しいんじゃーー!

そうですよね。お金が欲しいですよね!

確かに誰でもそんな考えを持っています。

ただ、100%そんな考えをしているようじゃお金は稼げません

その理由について詳しく見ていきましょう。


続かない

 お金を稼ぐことを見ているようじゃ稼げません。

なぜなら続かないからです。

実際に僕もYouTubeを2か月ほど本気で投稿してきましたが、お金を稼ぐことしか頭になく、結局やめてしまいました

なぜなら、面白い、視聴者を引き付ける動画を作成できないからです。

学校で授業を受けている時にご飯のことを考えていては授業の内容が頭に入ってきません。

そんな感じで、お金を稼ぐことしか頭にないのにYouTubeに面白い動画を投稿できるわけがないんです。

面白くない動画は視聴者は見ませんよね?

だから視聴率が伸びず、続けるのが嫌になるんです。(僕の経験というのは内緒)

楽しくない

 お金、お金と思っていると全く楽しくありません。

嫌になってきて投げ出したくなったり、めんどくさくなったりで結局お金は稼げません。

仕事は楽しんでやるもの

楽しいことは仕事ではなく趣味です。

だから、お金と考えるのではなく、楽しもうとして投稿をするのがベストです。

まとめ

 2つの意見を言ってきましたが、じゃあどうすればいいんだって話ですよね?

大丈夫です。

失敗してきた僕だから言えることがたくさんあります。

熱意をもて

 投稿をするにあたって熱意というのは本当に大事です。

そして何より、その熱をずっとやし続けることが重要です。

この熱(やる気)がなくなればもうお金を稼ぐことは不可能です。

どれだけブログ、YouTubeに本気で取り組むことができるか。

忍耐力が試されます。

忍耐力に自信があり、YouTubeやブログに興味がある方は絶対に成功します。

視聴者を第一に

 お金稼ぎは自分のためです。

しかし、YouTubeやブログは視聴者のために全力を尽くすことが大事です。

視聴者を第一に考えることで、視聴者があなたに対する好感が上がり、必然的にあなたにお金が入ってきます。

また、YouTubeなら、チャンネル登録者も増えるでしょう。

ブログのPV率も増えます。

なので視聴者を大事にしましょう!

視聴者なしであなたがお金を手にすることはできませんからね!


なので、お金を稼ぐためには

視聴者が満足する動画、記事を投稿する 。

そうすることで、お金がついてくる。

トップYouTuberを見てください。

楽しそうに動画を投稿していますよね?

彼らはお金の事なんか気にしていないのです

あなたが楽しんで動画を投稿することで大きなお金を手に入れることができます。

これを踏まえた上であなたは本当にYouTube、ブログ活動に挑戦してみたいと思いますか?

確かにYouTubeやブログで稼ぐことはできます。

ただそれは視聴者を第一に考えている人だけなんです。

トップYouTuberのHIKAKINさんや、はじめ社長さんなどは、日々面白い動画を投稿していますよね?

僕もそうです。

今はこのブログをもっと成長させるために今はGoogle Adsense広告をつけていません。

お金だけを見るのではなく視聴者を見てくださいね!

これから始めるあなたを応援しています。

頑張ってください!お互い頑張りましょう!

Aaron

Aaron

男子高校生ブロガー(16歳)

2020年1月からブログを開始

最高31,686PV/日
収入はAdsenseで5桁
企業案件経験も有り。
詳しくはtwitterをご覧ください。
-----------------
大学受験に多額の費用が掛かることを知り、ブログを始める。

今は趣味としてやっています!

高校生ブロガーだからこそ投稿できる記事を書いてます。

〈投稿〉
・ガジェット系
・アプリ系
・ブログ系
・高校生系
を投稿しています。

カテゴリー:
関連記事

3 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です